数秘では絶対観れない事⑧

東京五輪は、何故ごたつくのでしょうか?

 

「開催決定の日」

2013年(H25年)9月7日

「TOKYO」(決定時の運命)

この文字の意味は二転三転。

数秘では、悪い意味は観れません。

 

開催決定この時の意味は、自信過剰で見通し甘く、期待外れになる。

 

「国立競技場白紙撤回決断」

2015年7月17日この日は

建造物が足元からトラブル運。

競技場をデザインしたザハ、これを選択した安藤忠雄は同じ星、

開催決定年も同じくです。

 

2015年7月24日「エンブレム決定」

盗作、嘘、うらぎられたの意味。

 

2021年2月森組織委員長、不適切発言。そのものずばりの意味です。

 

2021年3月佐々木統括役辞任、

本人自体がトラブルメーカーです。

2021年7月19日楽曲担当小山田圭吾、

この人は4重のトラブル運。

 

開催直前7月22日またも、五輪開催直前ディレクター解任、

小林賢太郎(本名:小林健太郎)

1913年4月17日生まれ、解任理由は、20年前のネタ、

「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」

この人も今月トラブル運、22日は古い問題が再燃する日。

まさにぴったりです。性格は非常にむつかしい。

よりにもよってトラブル運のある人物ばかり選択、人物を見る評価尺度を持たないとこうなります。

これが国のレベルです。