暗殺事件から身を護る方法を教えます。

安倍総理、運命の必然

2022年7月8日、元安倍総理の事件が起きたのが11時30分、運気的に首から上に致命傷が2か所あります。

亡くなったのが夕刻5時3分。一番弱い凶意の時間帯です。

改めて見ると、この人は、短命運です。

基本的な宿命で易の四大難卦の「坎為水」流転人生、を持った人です。

家族運も弱く、奥さんの愛も得られず、首相にならなければならないという宿命に生きた人です。

もともと出世運はありませんが、選挙の3条件の地盤、看板、かばん、が、あり、

支援運があります。

今年、今月は非常に弱い月、しかも、立場上演説しないわけにもいかない、

「亡くなっても不思議でない!」この日という最悪の時に事件が重なったということで、単なる偶然ではなく運命的な必然です。

つまりは、

「どの事件の場合でも最悪の時を避ければ、防げます」

ご本人が、忠告に従えばですが、

少なくとも、要人警護に関して、SPや秘書官は熟知しておく必要があります。

ただし、この日の午前11時~午後1時は、魔の時間帯でミスしやすい時です。

改めてみると奥さんの夫運に明確にトラブル運が出ています。

 

江戸時代は、幕府が毎日占いをやっていました。

警察の硬い組織、公務員は、占いは絶対やりませんがSPならば、密かにやっても良いはずです。

(アメリカの元大統領レーガンの奥さんは占いをやっていて大統領はそれに従っていました。

それによってかどうか分かりませんが殺されることを免れました。)

昨日は、安倍氏にとって亡くなっても不思議ではない最悪の日です。

ケネディが暗殺されたような日です。

過去の暗殺被害者も同じパターンです。

 

少なくとも最大の警備をすべきでしたが、運命的には射撃された時間帯は、甘さが出る、判断ミスしやすい時間帯です。

犯人は背後から腕組みをしていました。

この段階で反抗心を表しています、プロファイリング的な見方が必要です。

 

地域名で見ると奈良は、安倍氏の2番目の根本的な凶数。

近鉄大和西寺は、事故、事件を表す最大凶数です。

また安倍家は、今年、昨日、昼12時前後、弱い名前です。

長男運がありません。

占いを生かせば助かっていたかもわかりません。

安倍氏には占い師がついていたと言う説も聞いたことがありますが…

 

世間では、占いの技術を知らない為、危険な日を予知できるという事は信じていません。

事件は、偶然ではなく、必然ですが、学問の世界では無知の領域です。

#暗殺から身を護る方法を教えます。

危険な日を予知すれば、防げます。