悲観主義

世界的精神科医で脳イメージングの専門家ダニエル・

エイメンは、習慣化したマイナス思考を

ANT(自動再生式悲観思考)」と呼んでいます。

ANTが次から次へと押し寄せてくれば、生理的機能にも

悪影響が及びます。
 
アメリカ国立衛生研究所が脳の血流や活動の様子を測定した

ところ、
ネガティブな考えは、脳の中の憂うつや不安を引き起こす

部分を刺激するといいます。


一方で、ポジティブな考えによって、脳内は穏やかになり、

有益な影響が生まれていることがわかりました。

脳機能にとって、マイナス思考は毒、プラス思考は良薬で

あるということでしょう。

 

日々自動再生されている悲観思考を止めない限り、

何らかの病気になるということです。
これは何も身体に限った話ではありません。

脳と心はもっと甚大な影響を受けます。

 

悲観主義と楽観主義
根拠のない楽観主義と、行き過ぎた悲観主義は始末に終えない。
どんなに不幸な出来事でも、賢人はそこから自分の利になることを引き出す、
しかし、どんな幸運な出来事でも、愚者はそこから禍を引き出す」

(ラ・ロシュフーコー)
 
│評価項目       楽観主義の考え方      
├────────────────
│価値観         楽しく生きていこう             
│人生観         たまには失敗するし良いこともある
│悪い出来事     失敗は一時的現象にすぎない     
│               この本は役に立たない:特定的 たまたまいつもではない。  
│               あの時は運がなかった:外向的 たまたまいつもではない。     
│良い出来事     いつも運が良い      :永久的   
│               私は勉強が得意だ    :普遍的 いつも 
│               私の努力で成功した  :内向的 自分自身の肯定感
│人生の結末     人生は楽しかった               
└────────────────

│評価項目       悲観主義の考え方
├────────────────      
│価値観         生きていく資格もない  
│人生観         悪いことばかり続く
│悪い出来事     悪い出来事:いつも悪いことが起きる 
│               本は役に立たない   普遍的  基本的に役に立たないもの。
│               私は才能がない     内向的  自分を責める。
│良い出来事     今日は運が良い     一時的   たまたまのこと
│               偶然幸運に恵まれた 外向的  自分の努力ではない。
│人生の結末      楽しくなく不安定  
│               悲観主義は、萎縮の連鎖になる

 

マインドセット(レジリエンス)

 

マインドフルネス(気づき)

 

絶対悲観主義