アドバイスをする立場の人必須の内容です。

成長を拒否する防衛機制

防衛機制とは(フロイトの娘がまとめた理論)

自分の変化を迫られる怖いもの、不安、

葛藤、失敗感などを軽減しようとして働く現在の自分を守ろうとする心理、現実の否認、認知のゆがみ。

自己の成長に自分が抵抗する心理。

この時、創造的エネルギ-は働かない。

例:否定語を使うと脳が働かなくなる。
どんな人間でも未認識の自分に遭遇する事を拒否する。
防衛しないで未認識の自分を認めること。

気張らず、恐れず、不完全さを認める事。

 

成功しない防衛
抑圧:忘れる、自分でもできることを自分で制限してしまう。
攻撃:暴力、非難、皮肉、非協力、八つ当たり、自己批判、敵意温存、

否定 :拒否、逃避、反動形成:悪い面を隠すための行動

 

挫折した人に共通する点

断念、逃避、言い訳、我慢、隔離(自分の事なのに他人のことに関心を示す)

置換(別のことで解消する)
合理化:浅はかな言い訳、負け惜しみ、

責任転嫁、勝手な理屈。
罪意識:罪意識継続、逃避、

観念化:自分は○○だ、

否定、動揺、固執、退行:子供に帰る、

定着:悪い習慣や考えの継続

断念:あきらめる、

投射:自分の要求を人の批判に置き換える、

摂取:人のまねで自己拡大、同一視:優秀な人と同じと考える、

両面価値:良いけど悪い、

反動形成:本心とは逆の考え行動をとる、

転換:抑圧したことが体の症状として出てくる、過剰保証:やりすぎる、

失言:潜在意識が出てくる、

弁別決定:問題とは異なる反応をする

取消し:ごまかす、知性化:論理的に判断、

乖離:多重人格的に様変わりする

代替、否曲:現実を変える

分裂:悪い部分を別扱いする

うつ的防衛:征服感、支配感、軽蔑感、

 

Villantによる分類

 

レベル1 精神的防衛

転換、否認、代替、否曲、分裂、うつ的防衛

レベル2 未熟な防衛

問題行動:暴言、暴力、過食、拒食、浪費、万引き、各種依存、自傷行為、自殺意図

病気不安:過度の思い込み、摂取、幻想、妄想(退化)理想化:過度に理想化、脱価値化

サボタージュ、投影、退行、身体症状として現れる、

 

レベル3 神経症的防衛

置換、合理化、反動形成、抑圧、打消し、逃避、性的特徴化、統制:過度に統制する

 

成功する防衛 

昇華:(Sublimation。置き換え)社会に容認される形で不満を解消する。

反社会的な欲求や感情を、社会に文化的に還元出来得るような価値ある行動へと置き換えること。

例えば、性的欲求を詩や小説に表現すること。

例:ベートーベンは失恋して「月光」を作曲した。

レベル4、成熟した防衛

アクセプタンス(受容)

利他主義 たとえ自分が不利益を被っても、他人に代わって建設的な助けをする。

先取り 将来の苦痛を予想する。マイナス要素もあり。

禁欲主義

勇気

感情の自己コントロール

感情的レジリエンス

許し

感謝

謙虚

ユーモア

同一視、自分にない名声や権威に自分を近づけることによって自分を高めようとすること。

他者の状況などを自分のことのように思い、感じ考え行動すること[。

この同一視は他人から他人へ伝染する。

慈悲

マインドフルネス

節制

忍耐

尊敬

寛容

抑制: 意識的な衝動を、意識的もしくはほぼ意識的に延期する。 

 

不運を繰り返す人