不運を繰り返す人

「運、不運には人による偏りがある」

 これが占い師から見た人生の法則です。

「人は、葛藤を抱えているから素直になれない」

 葛藤を乗り越えれば、素直になれる。

 これを手助けするのが占い師の役割。

 

確率論には、逆正弦定理という恐ろしい定理があります 、逆正弦法則、賭けのリード

法則とも呼ばれる確率論の定理です。
ギャンブルでは、負ける人は負け続けます。
勝つ人は勝ち続けます。

ギャンブルで負ける人は負け続けて、勝つ人は勝ち続けて、その勝ち負けが逆転する

確率はもっとも低いという定理です。

 

人生においても、その偏りを無くすにはどうしたらよいでしょう?

離婚、再婚を繰り返す人は、同じパタ-ンの相手を求めているからです。
恋愛相手の場合も同じですが、おすすめのタイプを探した人は、即!結婚が決まり
うまくいきます。

 

つまりは、悪いパターンを避けること、

同じ様に

「変換する。切り替える。逃げる事」。
自分の性格の場合、欠点を明確にしてそれをカバーする方法を研究すること、

(女性の苦手なネガティブアプローチ)
あるいは、これしかないという長所を明確に認識すること!

※これを探し出すのは占い師の役目(自分では時間がかかりすぎます)

仕事の場合、会社が嫌になった時(その内容にも条件はありますが)
次に行ける所があるか、どこに行ってもやっていける自信があるかで決まります。

それらが可能な条件が整えば、変わるべきです。

結婚相手に問題がある場合、逃げるという選択が必要な場合もあります。

結婚相手に対し親が反対する場合は、親の縁を切ってでも結婚しないと

一生結婚できない人もいます。

人を愛せない人(結婚運がない人)は一人で生き抜くことを模索するべきです。
要は原因、対策を見極めて、何をかを早く決断するかで不幸な繰り返しは防げます。

以上の条件には鑑定結果を早く知ること、内容により、世間体や世間の

常識は後回しにすることが前提なります。

これらを後押しする占い師の鑑定技術のレベルは勿論必至です。

 

ある人の履歴書を見ると、今まで勤めていた会社は、すべて倒産してたという

実例があります。
この人が潰してるのではなく、そういう会社を自然と選んでいるのです。

また、離婚を繰り返す人、病気を繰り返し続け、難病でもないのにいつまでたっても

病気から離れられない人。

逆に難病を乗り越えたのに、また振出しに戻る人もいます。

これらには原因があります。その原因を絶たない限り繰り返します。

これが「因縁を絶つ」という事です。

 

以上を「誤謬性再起現象」といいます、また捕捉します。

 

       精神科医が書いた名著「己に背くもの」