ラッキーカラー、ラッキーナンバーについて

資格商法のカラー講座で、あなたのラッキーカラーは何色というアドバイスが

ありますが、根拠は定かでは、ありません。

お似合いの色と、共通する場合は、ありますが本質的には違います。

 

運命的に、何年生まれは、何色というのは、この色は幸運を招くという意味ではなく、

この年は、

「この色で表現される」という性質を表しているだけです。

本質は、ほかに答えようがないので、言ってるだけです。

 

ミドリ色の信号を、何故アオというかご存知ですか?
緑色も青色もアオと総称し赤系統は、
すべてアカと表現した、

色の分類がこの程度しかなかった時代の名残です。

占いは、こんな時代にできています。 

色概念が分化してなかった時代の占いで

「ラッキーカラー」を売り物にするのは単なる商業主義です。 

そもそもラッキーカラーの方向性は、万人に共通しています。

その人に合う合わない事とは別次元です。
 

ラッキーカラーは、万人に共通しているというと、女性は、得しませんが、

資格商法の色判断、占いで表される色でなく正当な「色彩心理」で判断すべきです。

 

以下は、関係者のみ公開している。

このHPの中の「恋と愛の心理」より抜粋します。

 

まずはアンラッキーカラーを省くことです

◆非もて色は、

黒、黒白、白一色、グレー紺、茶、濃いグリーン

 

その人を分析する時は、好きな色、嫌いな色を聞くことで

現在置かれている心理状態が判断できます。

ダーク系の色を選んだり、赤、青、緑、黄色が嫌いな人も

心理的な問題が潜んでいます。

 

⇒色の心理

 

過去どんな色が好きだったか、その時の心境、人生背景を分析するのが、

カラーヒストリー、その時を乗り切るには、その色が正しかったということです。

 

流行と、適切な色とは別次元です、

 

「ベージュはダメよ!」NYのマダム

最近、若い人が流行だといって身に着けているベージュ系は「老人色」です。

 

⇒「カラー心理」テキストあります。

 ------------ ---------

ラッキーナンバーは、ラッキーか?

人により、時によります。

 

ゲームで、ラッキーナンバーをすべて使ったら勝てたという私の生徒がいますが、

ラッキーナンバーはいつも、ラッキーではありません。

一般に、自分にとって、ラッキーナンバーは変わらないと思ってる人が大半ですが、

その時々によって、良い悪いは、変化しています。

毎日、毎時間変化していて、明暗の変化があります。

私の占いでは、これを読み取り、時期のアドバイスをしています。

 

 

「国際心相学会」という実体のないところが、健康雑誌で、

「999」のナンバーをつけている車に乗っている経営者は

金運が上がると書いていたことがありますが、まったく逆です。散財するのみです。

車のナンバーで「7777」も、よくありません。

悪い電話番号、部屋番号は、運命の影響を、うけます。

昔から「数奇の運命」といいます。

 

セブンは誰でも良い数字と思いがちですが、必ずしもラッキーではありません。

ASKにとっては、非常にアンラッキーな数です。
この数字との関係がなかったら、事件は、起こらなかったかも。

 

 「7をめぐる実話」

Fさんと久しぶりに合って打ち合わせをしました。
「占い師のXさんご存知ですか?」

「あのビルの7Fを拠点にしてる」
「最近、人相が悪くなって」「変な人がついていて困ります」。

「同じ7階の、あの人には、初対面で、すっぽかされました」

「私もですよ」「その点では、有名らしいですよ」。

「ところで7は、裏切ったり、裏切られたりするものです」

「お金は、入って出て行きます、実際に経験しましたから良くわかります」

「業界の常識ですか?」占法にもよりますが、数字を扱う人だったら、避けるのが、

 常識です」。

 

2年位前に知り合いの占い師に「この場所で営業しているとお金が出て行きますよ」!

とアドバイスしたら「そんなことはないから」といっていましたが、
ある事で業者に聞くと通常の3倍もの大金を他の業者に払い、
ぼったくられているのに

本人は、わかっていないといっていました。

こういうケースでは、すぐには出なくとも、ある時、まとまって出て行きます。

 

ところで、いつも行列ができている百貨店の占いコーナーは、

7階で、客は悪い散財の方向の西向きに並んで待っています。

しかも、この百貨店、7は凶数です。

知らぬが仏「噂だけで判断した」迷える人たちが、今日も行列を作っています。

  

⇒天中殺、大殺界だから2~3年は新しい事をしてはダメ、というのは現実の人生では

適用できません。

物事の流れの中で手をこまねいているわけにはいきません。

その時々を、詳細に観て行動すべきです。

 

アンラッキーナンバーもあるという事を知っておく必要があります。

あなたの不幸。

世の中の事件、事故は、このアンラッキーナンバーが働く時に起こります。

 

毎年念頭になると、星占いが出ます、占い師の仲間内で暗くて気味が悪いと

言われている占い師が、なぜか、フリーペーパーにラッキーカラー

について書いています、
(ラッキーカラーについては、特に根拠は明確ではありません)

他の星占い師は、明るい原色系なのに、グレーとか、からし色と書いています。
これは、ラッキーカラーとは、言えません。

こういう話がありました、
毎日 認知症のご主人と 戦っておられた奥さんは、

いつもカーキ色の服を着ていたのですが、
ご主人が亡くなられた後は、突然、水色の服装に変わりました。
カーキ色は、戦いの色です。
黒、褐色、紺、藍色…等の暗色系、からし色、琥珀色…等の中間色,
グレ-系など、暗色系を好む人は、生活全体に不満が多い、世相や流行に否定的、

内省的、自虐的。             

孤独に関係ある色:黒、灰色、ダ-クブル-、ダ-クグレー、

でたらめな占いの記事を掲載してた健康雑誌Yの表紙