傾斜宮占いの中身

傾斜というのは、年が月にどう影響をしているかを見るのものです。

「月傾斜」 気学の場合(本来九星は関係ありません)これしか知らない!

⇒婦人雑誌のFが売り物にしている、大人気企画というふれ込みの傾斜宮占い。

私は、当たったと思った経験はありません。

元は⇒気学 「気学傾斜法」を真似たものです

本来は、宮のみでなく、霊数と両方で詳しく観ます。

宮という入れ物に、数という中身が入って、

ワンセットです。

この企画は、入れ物のみです。

絵でいえば、背景のみで登場人物がいないのと同じです。

しかも陰暦の九星のままなの正確では、ありません。

最大の欠点は、⇒役に立たない陰暦(旧暦)いまだに使っているという、

古典派の悪弊です。

 

解説には、

「五行と方位に「易経」を加味した中津川流」となっていますが、

素人の編集者が、勝手に書いたものか?

(勝手はありえないでしょう)

正しい表現では、ありません。

中津川個人のオリジナルでは、ありません。

(詳しく言えば、表現方法を自分なりに工夫をしてるということ)

 一般の人にはなじみがありません。

九星そのものが易から発展したものです。

  

「九星後天定位盤」の各宮を「月傾斜」したものというのが正しい表現です。

しかも、中宮のみの解説。

雑誌で年ごとに解説することの限界です。

こういう制約で占いそのものを批判することは当たりません。

 

行も易経も中津川流ではなく九星の段階で

すでに、はじめから組み込まれている事です

 

陰暦(役に立たなくなった古い暦)をベースにしているため1月と2月が混在。

この段階で精度は、荒くなっています。

いまだに1月は前年度という時代遅れの頓珍漢な解釈が横行しています。

と書くと古典派の人に叱られます。

古典的解釈と特殊用語を使わなくとも観れます。

しかも月のみ、中宮のみの簡単な解釈です。

つまりは、入れ物のみの説明で中身は見ない方式です。

本来は、さらに詳細に観れます

 

陰暦の見方では、日までは見ません。

見ても意味がありません、

陰暦の最大ウイークポイントは、

①日がでたらめであること。

②年も、月も全く逆の意味が出る場合があります。

 

他の宮とのからみで詳しく観れます。

ここまで観ないと肝心な事は、わかりません

 

⇒私の講座では、初心者の段階から詳しく観れる方法をお教えしています。

さらに詳しい傾斜、その応用まで教えています。

さらに易の解釈まで。

偶然性でなく数で明確に)。

 

基本の宮の位置と解説、数との関係の説明を抜きに、いきなり傾斜といっても、

傾斜法が特殊な見方なのに、

基本の説明も、傾斜とは何かの説明もなく、

よく当たるというのみ、喧伝しています。

 

数字の意味を加えれて展開すれば、さらに実用的になりますが、

古典信仰の古くさい人は、こういう感じを好みます。

 

相性については、もっとリアルに観る方法があります。

もっと平易にわかりやすく説明できるのに、

売り物だから筆者の解説を、そのまま信じなさいという編集ですが、

当たっていない事が多い。

 

一般素人は、部分的に該当すれば当たったという解釈をします。

テレビと同じで、本が売れれば、それで良しということ。

 

⇒「占いの花束」では、この傾斜法も詳しく展開しています。

 

数字の相性を見ないと、実用性が、出てきません。

 

予備知識がないと読んでもわかりません。

 

気学傾斜は、傾斜を開発したという元祖が書いたものですが、

勿論、素人にわかるようには書いていません。

これが⇒占い本の特徴です。

わかられると商売になりませんから。


  中津川りえの「傾斜宮占い」

解説そのものは、良いとして、

何年生まれは、どの欄を見たらよいかという、表は、間違っています。

なぜか?

陰暦を基本にしているから

です。