数秘術は勿論、ほかの占いでも、ここまでの解説はできません。

チャールズは、なぜカミラを選んだか?

一部見えなくしています。

 

チャールズは本命破壊で、堅い公の仕事には向いていません。

⑧の破壊はリーダーにも向いていません。これが、彼の第一の宿命。

チャールズが公で要求された事は正規の結婚の方法で結婚し、子孫を増やすこと、

これが絶対条件。

この条件ではカミラとは一緒になれません。   

良い悪いに関係なく、ダイアナを選ばざるを得ない条件は、彼の歳の離れた年下好みの

と合います。

次に彼が求めたもの、公から離れた個人的な欲求は、自分の幼稚さ、未熟さを補う事

強い母彼は親のもとで育った愛情不足感を補なってくれる相手です。

彼は、成人してもテディベアを大切にしていました。

寄宿舎にいた時は、いじめにもあっています。

原因は、強い母親の元、自分が出せない環境で育ったのとそれが原因で自我が育たず未成熟だった弱さに関係します。

単に強い相手(ダイアナは、カミラより強く激しい)だけでは、条件を満たされず逆効果。

さらに甘えさせてくれること、これは歳の離れた年下ではかないません。

単に母性的な欲求だけではありません。

もっと言えば幼児として扱ってくれる相手。

乳母に育てられ、本当の母親では得られなかった幼児体験の補充。

彼に残っている吉数は⑥だけです。

本命の④は破壊しています。

チャールズが求めたものは、愛情と言う名の恋愛感情(母性だけでは男性は物足らない)

これらを満たすにはカミラがぴったりでした。

ダイアナとの相性も、ダイアナとして残っているのは(名数)のみです。

名前としてのもチャールズに気に入られた条件ですが、他の破壊数が強くマイナスに働きました。

ダイアナとは、よく喧嘩をしていましたが、カミラとはそれはありませんでした、

カミラは大人でした。

チャールズの吉数は、明るい女性を求めます。

愛情(妻)のところにが来ます。

カミラの本命(W吉数)が生きています。

カミラの主人の位置にチャールズの本命が来ていますが破壊してるのでスムースにはいかなかった。

カメラは、最初に付き合った女性で年齢的にも経験的にも男心をつかんでいる恋愛に

積極的な相手です。

③の性質として、手練手管は得意です。

カミラは読書家で話題も豊富で言葉が巧みで若い時から社交界で有名でした。

しかも、ダイアナの様の激することなく堂々としていてもでしゃばることなく分をわきまえていました。

これがチャールズが彼女を選らんだ理由の一つです。

こういう点でもカミラの吉数が生きています。

ダイアナの求めたもの、彼女の両親は離婚し、父親は再婚、父親代わりの愛情をチャールズに求めましたが大人にも男にもなり切れていない未熟な彼では無理。

彼女も強い愛情不足感を持っていますが、

父親に男の子が欲しかったと言われていたので、女性として扱ってくれる男性を内心求

めていました。

彼女の場合は、とチャールズ、本命の破壊は、堅い公の仕事には向いていません。彼女のの破壊は、リーダーにも向いていません。これが、

彼女の第一の宿命。

 彼女の場合は、本命)ダブル破壊の破壊があります。

自制が利かず行き過ぎが彼女の欠点として二人の仲を壊しました。

同じ強さでも、カミラにはこの破壊は、ありません。

これがカミラの強みです。

チャールズとの上下関係も、ダイアナのは、上にきますが破壊しています。

カミラのは吉数でリーダー運もあります。

カミラの求めたものは、最初の結婚願望を果たすこと、恋愛感情を満たすこと、彼女に

は出世運があります。

これが最終結末として実現しました。

男性運の弱い、エリザベス家としては、カミラのような強い女性がバックにいる事は必要

不可欠な存在です。

未熟で、幼稚な国王を助ける影の女王的存在。

ダイアナは子供を産むこと以外に、冷静な強さの条件を持っていない、ダブル本命破壊

なので制御しきれない破綻していく運命でした。

(本命)ダブル破壊の破壊があります。

同じ強さでも、カミラにはこの破壊は、ありません。

これがカミラの強みです。

チャールズとの上下関係も、ダイアナの⑧は、上にきますが破壊しています。

カメラの⑧は吉数です。

カミラの求めたものは、最初の結婚願望を果たすこと、恋愛感情を満たすこと、彼女に

は出世運があります。

彼女は、結婚してからも美しく見せる努力をしています。

これが最終結末として実現しました。

男性運の弱い、エリザベス家としては、カミラのような強い女性がバックにいる事は必要

不可欠な存在です。

未熟で、幼稚な国王を助ける影の女王的存在。

ダイアナは子供を産むこと以外に、冷静な強さの条件を持っていない、ダブル本命破壊

なので制御しきれない破綻していく運命でした。

結婚式の1981年7月29日に既に破綻は始まっていました。

(宮全破壊)

 HP「恋と愛の勉強室」(占いの花束からリンク)ダメ男参

 チャールズ カミラ夫人

   ダイアナ妃