無責任な雑誌記事-3

 古 神 道 数 秘 術 は、本物か?

暗証NOに「破壊数を使わなければ金運が上がる」という、

 そんな簡単なものではありません。

 Y健康雑誌の記事について、

古神道数秘術幼稚な内容です。

 

これ以外にも「和式数秘」なるものがありますが邪道です。

 

Y健康雑誌は、常に、偽物占い記事を特集しています。

 

古神道数秘術で使っている「破壊数」の考え方は、

昭和48年発行の「数霊の4次元」に記載されています。

「数理数霊学」として継承者は存在しています。

「破壊数入門」S55年に発行されています。

類似本として、平成19年発行の「運命の激数占い」でも、

破壊数の記述があります。
  
ただし、暗証NOに破壊数を使わなければ金運が上がる等という

間違った考え方は、 どちらにも記載が、ありません。

正解は、吉数を使うです。

ただし、暗証番号を設定する日が問題です。

 

数秘術は、西洋を中心に発展したもので、古神道の数秘術と

言う理不尽なものは、基本的に存在しません。

「かずたま」という事から関連付けたものです。

これをオリジナルというのは無理が、あります。


基本的に数秘術には、破壊数という概念は、ありません。
権威付けに、神の名を使っているにすぎません。  

占いと宗教とは、まったく関係ありませんん。                 

 

昭和51年の破壊数が6というのは、九星気学を

陽暦展開したら出てくるものでオリジナル性は、ありません。

年だけでなく、月、日まで観なければいけません。

 

九星気学では、破壊数とはいわず、年の場合は歳破、暗剣殺を使う

(基本は同じ)

四柱推命や中国占術(算命学)には、何の関係もありません。

 

風水は、墓位置を決める地相が本当です。

 

暗証番号に年の破壊数を使わなければ、幸運に恵まれるというほど

単純ではな事ではなく、

たとえば、「やしきたかじん」は、

昭和24年生まれ、年の破壊数は2ですが、月では4、日では、2と3、

さらに展開をすると、9が破壊数になります。

 

しかも、暗唱番号を決定する日、口座番号、家の番地、部屋番号、

階数、車の番号などが関係します。

使用する時期により破壊数は、変化します。
────────
別の号に記載された「和暦誕生占い」。

和暦に変換すればよいという「逆走」占いです。

こんなでたらめな記事を全国で販売しています。
  無責任な雑誌記事ー

1980年代に発行されています。

間違った記事を子孫に残そうとする人も