理想的な占い&占い師のあり方とは!

 1、一種類でなく数種類、バラバラでなく統合された技法」

  

 2、伝統に固執しないで「新しい技術」が入っていること。

 

 3、鑑定領域の奥が深く鑑定の範囲を明示」していること。

  

 4、「深刻、重大な相談に対応」できること。

 

 5、年、月、日、時間の「長期間の明確な特定」ができること。

 

 6生年月日だけでなく「名前、番号、数字、英字」が見れること。

 

7、偶然でなく、誰が観ても「同じ鑑定盤」が書けること。

 

8、鑑定時間が短く、遠隔地でも「即対応」できること。

 

9、対象者が、その場にいなくても「複数、同時鑑定」できること。

 

10、法論に対する「長年の検証」があること。

 

11、鑑定師の「人生経験、職業経験に多様性」があること。

 

12、鑑定師が、常に「勉強、研鑚を欠かさない」こと。

 

13、心理的アプローチ」「実践的アドバイス」ができること。

 

14、「宿命論(算命学、四柱推命)でなく立命論」であること。

 

15、鑑定師が、身体表現、内容表現に「誇張のない」こと。

  

16、標準料金」で、物品販売をしない」

 

17、宗教に関係しない。

 

18、霊感と絡めない。

 

19、鑑定に行列を作らない「十分の時間配慮」がある。

 

20、「学びやすく」「奥が深い」「教材が充実」していること

教材は、DVD、印刷されたテキストなど教材を固定しないで常に

改良がなされる状態にある事。

 

5日で占い師に慣れない理由⇛「勉強の注意点」

 

 ⇛「確信の持てる占いを求めて」