算命学では鑑定結果をどう表現しているか?

事例(算命学のブログから)

××さんは亥月生まれの丙火の女性。
物に例えると冬の太陽。
日干・丙火の方は、プライドが高いのです
主星は、プライドの星・車騎星です。

運の流れの変化を観る大運は3歳ごとに運の流れが変化する3歳運です。
その43歳からご自分の天中殺の干支が入っています。
20年の長きに渡る大運天中殺です。
特に今年は日干支が律音しました。
中年期の星・天馳星も気になります。

 

こういう専門用語を羅列するのが古典の流儀(悪弊)です。

相談者は、理解できますか?

相談者は、専門用語の解説を求めていますか?

20年間も悪いと言われて、どうしますか?

 

◆⇒算命学の相性判断事例