運命のサイクル理論は本当か?

昨年、運がよかったのに今年はなぜ悪いのかという人がいますが、
これが運気の波です。
この波には大波、中波、小波とあり、そんなに規則的ではありません。
株の変動を体験してる人ならわかりますが(株に限らずですが)

規則的なように見えて、不規則です。


単純な周期説を提示する占い師に騙されないように!
大殺界,天中殺でしか考えない人には到底わかりませんが、
ネットで仕事をしているともろに感じます。

毎日、天気予報は気にするのに運勢は、役にも立たない子供

だましの天動説の星占い程度で判断しています。
運気の変遷は季節や、天候の変化のように、毎日変化して

浮き沈みがあります。
小刻みな「上下動を繰りかえしながら変化していく」という

のが自然の流れです。
変則的な動き(アノマリー)は、簡単な「サイクル論」では

説明できません。

したがって、一喜一憂してもしょうがない事で、低迷期は

守りに、上昇期は積極的に、シフトチエンジを機敏に行う事です。

ON,OFFの切り替えが必要。
常にアグレッシブにとか(A型人間)、常に消極的、悲観的

には間違いです。
両方ともごまかしながらいいかげんに毎日を飲んだ、食べたの

快楽思考で過ごすとういうのはチャンスを活かせません。

 

「人生は、運命に振り回される操り人形。
だからその糸は、自分の手で握ろう」
 (采根譚)

「大きな運気を、待っていたら、食い上げになる。
大きな上昇運は、人生に2~3度しかなく、
上昇期と下降期の対処の仕方が大事」 

 

上昇期に積極的に行動できるかどうかは、日ごろの努力しだい、
無理をしても失敗あるのみ。
  
下降期は、堅実に!リスクを負わないこと。
運の弱い人は、決断にメリハリがない。
(日ごろの、経験、判断力のなさに起因)

10年後にスポーツで一番活躍するのは「波はある」といった方。