霊感


霊感

霊視は、人間がしますが、一般の人でも、

「文字や数字の持つ霊性」を知っておけば、霊視しなくても、

より確実に、不思議な作用を確認できます。

この方法で、命の危機を救える事もあります。

(オーバーな表現では、ありません)

 https://www.uranai-hanataba.com/1/霊感占い/

私の生徒で、霊感がなくても、霊感があると思われて

いる人がいます。

占法でそれが可能ということです。

霊視ができる生徒が2人います。

事例集、※鑑定依頼者の感想、※受講者の感想参照

 

現在、「死を予告」できる女性が私のところで勉強中です。

霊感が働く生徒は、2名になりました。

 

鑑定者は、いつも霊感が、働くわけではありません。

体調や、集中力により日々変化します。

(偶然に頼るタロットも同じです)

 

霊感を使うとすごく疲れます。

霊感を働かせようとすると形相が変わるといっています。

いつも簡単に観れるわけではありません。

 

私の先生の母親は、霊能者でしたが、安定しないので、

先生は、数字で観れる方法を勉強したそうです。

 

霊感は「部分的」です、鑑定内容を見ていると、後半は、

普通の占いでカバーしいるのが、見てわかります。 

霊脳者に見てもらったという人の鑑定内容は、占いでした。

 

でも、依頼者は

部分的に当てるだけ」で、全てを信じて

しまいます。

 

霊視が出来る人は、いても、

開運指導は、まったく、別次元です」

ただ、見えるだけです。

開運指導ができるわけでは、ありません。

それらしいことを言うだけで相談者は満足

というか、仕方なく受け止めるだけです。

この点を誤解しない様に。

 

具体的な解説はできません見えるだけです。

画像も出てこないというタイプもいます。

 

月に10万円も使って看板もない住宅で、有名人が来ると

宣伝してるところがあります。

何十年に1回でしょう。

有名人、スポーツ選手は、注意!

広告のダシに使われています。

 

毎回、広告内容が変わり、風水だとか、星座占いとか

いろいろ入れ替わっています。

今度は神がかりになっています。

霊感が働くからといって、神とは関係ありません。

 

近所では変わり者、変な人として寄り付かないようにしているそうです。

 

ただ、霊感が働くだけなのに、

専門ではない、水を持ち出したり、

星占いだったり、神だったり、

開運指導したりするのは、おかしいです。

 

こういう仕事?で、40年近くも商売してるのは、

いかに間違った認識をしてる客が多いかです。

  

正しいか正しくないかの判断ではなく、

そのレベルの判断しかできない者が

集まってくるという事です。

 

占いでは、「霊感」という表現を使うのは普通になっています、

の場合の霊感とは直感、第六感という意味です。

 

必要以上に霊感を強調する占い師には要注意!

(「占い師入門」)。

  

この表現を使う使わないに限らず、感、勘、観が、働かないで、

解説している占い師は、本者の占い師ではありません。

 

感、勘、観が、働くようになるには、修行ではなく、何十年間の

毎日の勉強の積み重ねがないとできません。

占法を知ってるだけで勉強しない、毎にと鑑定所に張り付いている

占い師、若い占い師では、無理です。

 

教室、学校で習った者、通信教育、独学で勉強した者に、この傾向が強く、

一方向的に話すのが特徴です。

一方向的に話すのは、優位性を強調したいという古典的な占い師です。

 

慣れた者なら、依頼者を慰めるだけで、鑑定がわりにしてベテラン顔をしています。

 

霊感セミナーを開いた東大教授

 ベストセラー作家(東大病院部長)の霊感商法

 

ベストセラー『人は死なない』『おかげさまで生きる』などの

著書で知られる、

京大学医学部教授で東大病院救急部・集中治療部長の矢作プロコースです。

直樹氏(59)が、東大病院の会議室で“霊感セミナー”を開いていた

ことが週刊文春の取材で分かった。

 

東大病院内に発足した任意団体「未来医療研究会」は、

矢作さんの人気を利用した “スピリチュア業者”による霊感商法の

営業の場になっています。

 

中核メンバーである60代の女性などが浄化効果のある

『水晶の粉』宇宙繋がるとができ『ミュージックローション』

などを勧めています。

 

矢作氏は自らの“能力”について語った。

「いま私は、この日本に天変地異が起きないようにすることを

やっているんです。

例えば地震を起こさないとか。

 

東日本大震災の頃は、まだ私はかかわっていなかったんで、

あれは気の毒なことをしたと思っています」

 

東大がいつまでこのような人物を救急医療の最高責任者に置いておくのか、

対応が注目される。(週刊文集)