四柱推命は当たる?②

注意鑑定現場では時間節約のため

二柱(年、月)のみで省略する場合が、あります。

鑑定所では、このように指導しています。

 

私の場合は、年、月、日、時間、姓 名、

四柱推命の表現でいうならば8柱+時間、

時間がわかればさらに詳しく10で観ます

わからなくと十分に見れます。

天変地変も観れます。

例:カメが、何故動物園から脱走したかも!

さらに、心理的判断を加えます。

 

実際は見れない事も多くあります、

先ず、名前は、見れない、方位も見れない、

数字も見れません。

見れますというのは、四柱推命では、ありません。

九星、姓名判断を併用しています。

具体的な病状もわからない。

日を特定するのは、むつかしい、月さえも!

したがって他の方法で補おうとしています。

注意!四柱推命で命名をするというのはです。

従来の使命判断の応用です。

四柱推命は、姓名判断も、方位も四柱推命とは、関係ありません。

  

四柱推命では、住居は観れません。

方位だけ見ても無意味です。

部屋番号や、番地、移転時期が重要です。

以前、金運を聞いたら一般論のみ、

しかも忘れていましたと、

関係ない話ばかり。

要は観れないという事です。

この者は、S百貨店の占いコーナーに在籍しています。

F百貨店の占いコーナーの男は、頓挫しました。

 

実際の鑑定現場では

関係者数人即座に見なくてはいけません

例:離婚問題だと、夫婦関係、子供、親、新しい相手、新しい住居、仕事、

子供の性格などを観るのが普通です。

四柱推命では、観ません、観れません。

「占いの花束」ではこれらが即座に観れます

 

その都度、相談者も見ないでパソコンでカチャカチャしますか?

こういう場合複雑すぎて、しかも、

多岐による見方は出来ないので、

出来ないというより

「多岐にわたる視点を持っていない」

というのが真実です。

持つ必要性を知らない。

適当に解釈して言っているのが現状です。

これをカバーするために他の占法を使っています。

 

宿命論の限界

生まれはこうなっています「宿命論」!

では、これから、どうする??

方位では、解決できません。

宿命より「立命論」が大事です。

宿命論に嫌気がして私の占法を学んでいる人がいます。

 

相談者の体験談

東京のKさんより

亡くなった叔母が、四柱推命のみ40年勉強しその結果に

とらわれ過ぎて(宿命論に振り回され

ある意味不幸な人生を送っていたのを見てきました。

 

千葉のHさんより

四柱推命を本を購入して独学をしてきました。

著者によって全く違い通変星だけで判断する見方や十二運を重視、

又は空亡は全く取り入れない流派などがあり、専門用語の羅列で

理解するのが難解でした。

  

横浜のMさんより

四柱推命を本を購入して独学をしてきました。

著者によって全く違い通変星だけで判断する見方や十二運を重視、
又は空亡は全く取り入れない流派などがあり、専門用語の羅列で

理解するのが難解でした。

 

四柱推命の通信教育を受けて、

これからは、先生のところで対面講義ということで姫路まで行ったら

恋愛体験の話だけされて帰ってきたそうです。

この人は、四柱推命と算命学、占星術を習いましたしたが、

わからないままになって終わっています。

 

「習う前の選択が大事です」

日々の鑑定から研鑚してる者」と、

「数だけこなしてる人気者」と

手法を信じてる者」

とは大きく差が出ます。

 

四柱推命は当たる?③