四柱推命は当たる?③

占者のレベルに注意

古典の占法を習得したことだけが自慢の者は、アドバイスは、できません。

占いしか知らない者は、職業経験、人生経験が知れています。

人生経験でしかわからないことがあります。

占いだけしか知らないマニアには人生を

アドバイスする事は、できません。

 

鑑定結果のみを伝えるのが、占い師という古典的な鑑定師は、沢山います。

解釈が多岐にわたるので、

鑑定者によるバラツキが大きいという事です。

四柱推命だから安心ではなく占者を選ぶ必要があります。

 

役に立つ占いか?

現場の鑑定では仕事や経営に関しては

名前、会社名、番地、部屋番号、

などの鑑定が必要です。

人は観れても交通事故など、事件、事故などの事象は観れません。

 

即効性、瞬間判断、これからどうする?には、向きません。

心理的な読み取りが必要です。

 

他の方法で補おうとしますが、、

迷信交じりの方位

などでは解決しません。

生年月日に関係ない確率の低い

従来の姓名判断も役に立ちません。

偶然性で占う卜(ぼく)で補う者もいます。

熟練が必要で安易には使えません。

 

私が鑑定した後、四柱推命の占者のところに行く人がいましたが、

解決策は、出ませんでした。

また、戻ってきました。

 

鑑定盤が複雑だから詳しいという事ではなく

逆に解釈が非常に難しく難渋なので

中身があるように錯覚しています。

 

四柱推命をやっていた私の知人が、

年、月、日ごとに答えが沢山出てくるので、

恐ろしく複雑で意味を読み取るのは大変で判定が難しいといっていました。

 

四柱推命はなぜ当たらないか

あるブログから引用

四柱推命には流派があり、読み解き方がそれぞれに違い、

自分の命式の格局をとるのも難しいのです。

四柱推命は、命式の干支の並びとバランスを見て、吉の作用を持つ用神を出し、

本来の特性や巡ってくる運勢の吉凶を判断するのですが、微妙なバランスの

命式はたくさんありますし、

まず用神や格局を判断するというのが難しいのですね。

 https://small-eco.hatenadiary.com/entry/20170614/p1

「運命学の運命」祐川法憧より