カルチャー教室講座内容

講座は、⇨月曜日コース金曜コースプロコース通信コース

あります。このページはサブメニュです。

 

他の教室の様に、本だけに頼ると学習効果は、ありません。

「占いの花束」では、

毎回、手作りの教材で、見近な話題から実例を取り上げ

分析しています。(応用コース)

 

わかりやすい、ステップごとのプログラム学習教材になっています。

(わかりやすく言えば公文式です)

 

レベルに応じた、お一人ごとの個人別指導です。

初心者から10年~20年と勉強してこられた現役のプロの方も

同時、ご指導しています。

  

基本的に対面指導です。

自分が占えるようになります。

 

一般コースは、

まったくの初心者からプロを目指す人、現在活躍中の

プロまでが対象です。

 

「基礎コース」(理論)から

「応用コース」(実際例)へと継続します。

 

この講座で学べる関連の占法、占術は、

近代九星、気学、方位学、傾斜法、数理数霊学、激数占い、

家相(風水の原点)、印相、姓名判断、マヤ占い、易学、

カバラ数秘術、数理数霊術、占数学、数字占い、誕生占いなど、

数種類の基礎を、無駄を省いた

「近代的にエッセンスを統合したシンプルな方法」で、

同時に学べます。

 

プロコースも受け付けています。

 

質問は、いつでも、何度でも、遠慮しないでください。

 

注意:個人的な事は、大事ですから、わずかな時間で、

急いで聞かれないように!
必要に応じ、相談の時間を設定します。

履修する期間には「個人差」があります。

 

教材:⇒最近6年間のテーマを参照して下さい。

学習内容

順序は臨機応変に変えます。

※この通りでない場合もあります。

1  概論[占いの花束]内容の説明

15種の占法、統合のしくみと理由
 各種占法、その限界と問題点、

 

  ⇛鑑定領域

人間(性格、家族関係、結婚運、恋愛運、仕事、健康など)

鑑定領域を参照してくいださい。

 

人間だけでなく

 動物や、会社、建物、航空機、 乗り物、土地、住所番地、

 電話番号、車の番号、部屋番号など事件、事故等多岐にわたり

観れます。

 具体的な実例教材は、たくさん作っています。

 

3  年月日毎に各霊数を割り出します(生)年数、月数、日数、時間数。             

 数理展開(九星気学とは計算方法、鑑定内容、展開が異なります)。
※複雑な手順、計算は、必要ありません。

通常、数回で理解できます。

 

4  霊数の簡易計算法※古典の様に表に頼らず、即、計算できる様になります。

 

 5 数理展開法                                                 

 

 6 実践的な凶数判定の原理                                              

 

 7 凶数の求め方                                                        

 

8  年別凶数一覧展開図

※表を見ないで頭の中で即わかるようになります。  

 

9  西暦、年号の変換法、年齢から生年数を知る方法                     

 

10霊数算出の実際例                                                   

 

11  鑑定盤の意味解釈、象意の解説                                       

 

12  傾斜鑑法(特殊鑑法)わかりやすく、深く観れる方法です。

(時間まで)。

 

13 古典姓名判断の限界と

 問題点、間違いやすい字画                       

 

14  近代姓名学の実際、 画数の基本

 

15愛運、結婚運、愛情運、相性の見方、家族運、実例演習               

 

16  適職、仕事運、技術運、出世運、部下運等の実例                   

 

17  重大な健康運(予防医学的応用)、事件、事故運の実例                     

 

18  家相、印相、方位の鑑定法                                           

 

19  財運、金運、事業運の見方、実例                                

 

20  不動産運、その他の実例                                         

 

21  倒産学、会社の倒産を回避 する方法   

 

22、その他、

上記の内容を実際例で取り上げます。

「とりあげたテーマ一覧」を参照してください。

 

プロコース のカリキュラム