運命の扉を開く考え方-1

運の考え方

人生は、山あり、谷あり。

人生の谷では、もがくことなく、悲観せず、谷深ければ、
山高しの可能性あり。悪い時期の落ち込みをうまく通りすぎる知恵と工夫が大事。
失意泰然(物事に動じない)得意淡然(有頂天にならず)気になる事は、すぐ片付ける。

(メイ牛山)

    

すべてに、前向きであれ。

悲しみに甘えてはいけない。

20代は、苦労して、当たり前。
人生上り下りの10年間は辛抱せよ、人生には穏やかな流れと、

激しい流れとがある。

誰が見ても気の毒な状態の時は、運命好転の時期(他力本願)。

 

よい言葉を千回唱えると、貧乏神が逃げる。(斉藤一人)

「否定語」を使わないと脳が活性化する。
 言葉には霊が宿る、言うと、その通りになる、悪い言葉は言い直すべき(沖縄の諺)
心理学の大原則「人生は注目した通りになる」(マインドセット)

 

病気になる人は、柔軟性に乏しく、変化や、不意打ちに弱い、病む時は、病むが良い   

 (良寛和尚)
「赤きもの赤しといわであげつらい五十路あまりの年を経にけり」(西田幾多郎)
(人間は、素直になれないまま、物事の真理を馬鹿にして年を取ってしまう)。

  

どんな不幸にも、幸せの前兆というものがある、逆に不運の兆候もある。
敗者のくせ:自分で出来る簡単な行動を抑圧して、他人に依存する。(抑圧の心理)
難しいと思われる事には、自分から進んで立ち向かっていく、そうすることによって、
もっとも、たやすく、うれしい事に変る。(アランの言葉)

 

人間の精神は、差異によって、刺激され、欠陥によって輝く。(ヴァリ-)
君が笑えば、みんなが笑う、しかし、君が泣けば、君一人だけになる。
 大山のぶ代は、子供のころ声が変だったことを母親のアドバイスで活かした。

 

過去は経過、経験に過ぎない、過去にとらわれることなく、明日あるのみ。
(大富豪に嫁いだ、バツイチ女性)

過去に対する尊厳と、未来に対する恐怖を取り去れ。
「済んだ事にくよくよしない、未来は神に任せる」(ゲ-テ)

 

嫌なことはさっさと忘れ、現在を精一杯前向きに生きる、
選んだ道は自分で責任をもつ。
(瀬戸内寂聴の小説「いよよ華やぐ」のモデル、鈴木真砂女)

 

生きる技術とは、常に目標をもちつづけ、それに集中すること。
何も目標をもっていないという事は、悪い目標をもっている事よりも悪い。

 

成功者の共通点は、努力の仕方が常人と違う。
困難にあっても、何も怖くなかった、どんな時も「ここで踏んばる」事の大切さを
子供の頃から、厳しい生活体験をとうして、知ってきた(建築家、安藤忠雄)
毎朝5時に楽譜の勉強をする(世界の小沢征治)

 

18年間、家で1日1時間の料理の勉強を欠かした事はない(帝国ホテル料理長)

ニュ-トリノを捕まえた事は「幸運だった」と良く人に言われる、確かに運も良かった
けれど、確かな準備がなければ運はつかめなかった。
少年の時、小児マヒを乗り越えた経験が活きた、
バスに乗れないので片道1時間を歩いた。
(「やればできる」 )小柴昌俊のノ-ベル賞受章者

 

あきらめない、くじけないで続ける事(TRONの開発者、坂村健)
25才で駄目と言われた、1日3時間の勉強(世界一の生保セ-ルスマン原一平)

有森裕子と世界初のテレビを開発した人の共通点は、学校の成績が悪かった事。
「素質のある選手は沢山いるが、少しの判断の違いで運は変わる」(小出監督)
中学生以下のレベルだった有森裕子と、金メダル2個の実力者、鈴木博美選手の違い
有森裕子は、男性の2倍の努力、監督に禁煙を迫る、鈴木博美選手、すぐ結婚した。

 

「危険が身に迫ったとき、逃げ出すようではかえって危険が二倍になる、

どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある。
救いのない運命というものはない。
「窮すれば変ず、変ずれば通ず」(困ったら変えることで解決する(易経)

「どのような計画であれ、重要な要因は、あなたの信念です、信念なくして成果が
得られることはありません」(ウィリアム・ジェームズ 米国の哲学者)

 

人生は、目の前を通りすぎるチャンスにいかに食いついていくかで決まる。
人生は、心のもち方で世界は変わり、イメ-ジしたように変化する。(黄金律)
機会が人を見捨てるのでなく、人が機会を捨てる。(運命の原則)

日ごろの努力なしでは、チャンスが来ても何も起こらない。

チャンスに乗るためには日ごろの準備(研鑽、情報収集)
訪れた運命には、乗るべし。

機を待つに仁(いつくしみ)機に乗ずるに勇。

 

不運の時は、自己正当化、保身をせず、人に勝つことよりも、「負け方」が大事。 
「負けず嫌い」は自己批判力を失います。
必要なのはチャレンジ精神だけではなく負け上手。
運や、才能はいつまでも続かない。
(勝ち続けている経営者の秘訣)
何も咲かない冬の日は、下へ下へと根をおろせ(基礎を固める)。

 

開運は、良い悪いの「循環の波」を、どう活かすかに関係しています。
不運は、自分の弱点がさらけ出される時、弱点を見つめ、気分を替え(気分転換)
環境(職場、住所など)を替える事も一つの方法。
「古いしがらみ」に見切りをつければ、それだけ早く新しい幸運が見つかります。

 

人生の踊り場の対処法 
人生の踊り場は、がまんの時期 成長の壁、下降/衰退かの分れ目、この時の対処法
で、成否が分かれる、転換期。次の機会に対処するためのエネルギ-を蓄積する時。
溜めの時:観察、反省、忍耐、休息、勉強、調整、準備、転換、追求、Follow。
全体の状況をを把握する。対策を立て少しでも目標に近づける。
人との関係を作りながら現状を観察する、そして課題を追求する。
やる気を起こす工夫をする。
上昇の時「凧を揚げるが如く」牽引策、引きが大事。自分に圧力をかけて上昇させる
行動を展開。達成できない状況があってもあきらめないで必ず成功させる。

 

運というもの   
「人生というものは虚(むな)しく複雑、且つ浮動常なきものである」モンテニュ-
「人生は照る日、くもる日」「一栄一楽、これ春秋」「諸業無常、万物は流転する」
「人間万事、塞翁が馬」
 ①馬がいなくなる。馬がもう一頭、連れて帰ってくる。息子が落馬する。
 怪我で戦争に行かなくて済む。

 

「運命は、災難にあわせて、どこか一方の扉を開けて、救いの道を残している」
「賢者には、毎日が新しい人生である」(道は開ける/D.カーネギー)
私達は、現実の中でしばしば、自分の不運を嘆く、けれども実は、自分が招いた事。
(自分を取り巻く環境は自分が写し出した鏡)「原因と結果の法則」

人生のほとんど全ての不幸は、自分に関する事柄について、誤った考え方をする事か
ら始まる。(スタンダ-ル)

 

汝の運命の星は、汝の胸中にあり[ウイリアムテル](シラ-、ドイツの劇作家) 
人は運命の建築士なり。(ドイツの諺)

 

社会は瞬転する、安寧(何もしない)状態でいるな。
普通の人びとは、不安の中に埋没し、無為な時間を過ごし、次のステップに進まない。
人生の試練を何回か経験し、それを乗り越える度に、困難に直面する自信と勇気が湧く。
いかに天与の才人でも、迷い、つまずき、転び、傷ついて、泥まみれにな成らないと、
本物に成れない。(山本周五郎)

 

「登山の目標は、山頂と決まっている。
しかし、人生の面白さ、生命の息吹の楽しさは、その山頂にはなく、かえって逆境の、
山の中腹にあるという」(吉川英治)
運が良くても悪くても「本当の自分の可能性を探り続ける」事で運勢は開かれる。

 

不幸になる道  
1人に対しストロークを与えない。人との縁を活かさない限り人生は開けない。
 (ストロークとは、相手と接触し、認め、働きかけ、刺激し合うこと)   
2人にストロークを求めない(相手からのストロークを拒否する)。       
3自分に対して、自ら励まさない(みじめ好み、人に期待する)  
4値引き…自分の価値を下げる言動を行う。                             
・否定的な感情を相手に伝える
・言葉,態度,行動、表情で相手を傷つける。
・自他ともに過小評価し、卑下する(自己否定、他人否定)。
5「価値ある自分」と「自分の弱点」との自己による「内面的対話」をしない。

 

悲観主義と楽観主義
根拠のない楽観主義と、行き過ぎた悲観主義は始末に終えない。
どんなに不幸な出来事でも、賢人はそこから自分の利になることを引き出す、
しかし、どんな幸運な出来事でも、愚者はそこから禍を引き出す」

(ラ・ロシュフーコー)
 
│評価項目       楽観主義の考え方      
├────────────────
│価値観         楽しく生きていこう             
│人生観         たまには失敗するし良いこともある
│悪い出来事     失敗は一時的現象にすぎない     
│               この本は役に立たない:特定的 たまたまいつもではない。  
│               あの時は運がなかった:外向的 たまたまいつもではない。     
│良い出来事     いつも運が良い      :永久的   
│               私は勉強が得意だ    :普遍的 いつも 
│               私の努力で成功した  :内向的 自分自身の肯定感
│人生の結末     人生は楽しかった               
└────────────────

│評価項目       悲観主義の考え方
├────────────────      
│価値観         生きていく資格もない  
│人生観         悪いことばかり続く
│悪い出来事     悪い出来事:いつも悪いことが起きる 
│               本は役に立たない   普遍的  基本的に役に立たないもの。
│               私は才能がない     内向的  自分を責める。
│良い出来事     今日は運が良い     一時的   たまたまのこと
│               偶然幸運に恵まれた 外向的  自分の努力ではない。
│人生の結末      楽しくなく不安定  
│               悲観主義は、萎縮の連鎖になる
└────────────────

 

運をよくする4つの原理(ラックファクタ-/英国の心理学者)
1機会が訪れた時に最大限の活用ができるよう常日頃から準備をして機会を逃さない。
(憶病や無謀、無知、不注意、不摂生、否定的な考え方は、不運の確率を高める)。
2不満に耐えて、不運の状態を乗り切り、努力の積み上げをしていく。
3明るい未来への期待感をもてる細かな人生目標を毎日もつ。
(「期待表現の効果」おまじない、御守り、お祈り、スロ-ガンなど)。
アンカリング
4不運の時も、前向きで建設的な思考の変換を行なう(リフレーミング)
「頭と心の使い方」ができる。、
(誠意、努力する者は、幸福の確率を高める)。
この考え方で、運が悪いと思ってた人のほとんどが運がよくなった。

 

正常な判断力をつける方法 
「健全に判断する能力」を身につける事が成功への第一歩。
人生のほとんどすべての不幸は、誤った考え方から生じる。(スタンダ-ル)
自己の感情のみに敏感だと(自己保身、自己愛傾向が強い)他人との客観性を失う。
脳の中の扁桃体:いつも、好き嫌いの感情を優先すると物事が悪循環に陥る。
前頭葉:行動の最終判断をする。脳(前頭葉)が老化すると気が散る、無気力、
無計画、細部に注意できない、衝動的行動、身なりを構わない。
計算と運動によって前頭葉は活発になる。

運動すると記憶力を司る脳(海馬)の働きが高まる。

 

目標設定は最後の最後を目標にし、すぐ次の目標を設定する。
安心すると能力が落ちる、目標喪失感。
注意:知性の働きが止まった時に現れる幻覚や、妄想は、神のお告げではない。
にせ物の宗教は、幻覚、幻想を悪用する。現実を直視する事が大切。

 

不幸となる要因
不幸(人や事、物、環境)への接近、悪い連鎖、悪循環を断ち切る。
(潜在意識の中に自己否定、不可能性の証明)。判断は自分自身。

 

性格のゆがみが運気を壊す。

頑固さ、執着心、人へのうらみ、過去の悔やみ、虚栄心、

勝気、短気、怒り、感情的、偏った自己愛、暗さ、依存心、甘え、傲慢さ

自己否定感、悲観主義など。

 

釈迦の3つの戒め:1無知、2物事の見極めのなさ、3過ぎた欲。
無知(いい加減さ、無関心、怠惰)、不決断(永遠の準備)。

 

ついている人と、ついてない人
×ついてない人:
良い情報があっても 頭葉の理性的判断に従わないで、

好き嫌いの「否定的な扁桃体の判断を優先」これに従う
物事の白黒をつけたがると感情が出る。

「世の中は、白と黒ばかりではない、グレーゾンが一番広い、

真理は常に中央にある(田中角栄)


失感情症は、自己破壊的な行動、感情との交流が悪く、感情が暴走。
思いこみ、ストレスが、悪感情を刺激する。
愚痴ることで、脳が疲れ、ストレスが増え、ツキがなくなる。
早口で話す人、ケチをつけられる事を避けるため(逃避)。
病気の状態に気づかない。

 

ついている人:チャンスに敏感(情報、人との縁、自己アピ-ル、学習)。
どんな境遇でも、常に自己研鑚を怠らない。
やがて来る未来のために、今、何を準備すべきかを心得ている。
心の遊び方を心得ていて、ストレスを回避できる。
自己肯定感を持続しつづける。
自分の頭で考え、判断する習慣をもっている。
イザという時、時間、資金、努力を集中できる。
常に挑戦する課題をもっている。

 

開運の心得    
1心身のホメオスタ-シス(心身のバランス機能、自然な感覚)を重視。
調心:頭と意識はいつも鮮明に、感情はいつも安定させ、心に毒(雑念)を持たない。
調息:呼吸法で、内蔵機能(自律神経)を調整。
調身:体の叫びに気づく、無理を重ねない。

2安易な他力依存や、こうすればうまく行くはず式「期待先行」の考え方をしない。
宗教依存、友人依存、親兄弟依存、評論家依存、本中毒、うまい話を追い続ける人。
不運であることに執着する、健康に無関心、何事もわずかな努力ですぐあきらめる等。

 

ハインリッヒの法則:失敗の前には300の“ひゃっと”がある。
その後で、29の小さな失敗があり、大きな事故に。
脳や意識がうまく機能してないと思ったときは、細心の注意を!

3気働き:定物定位(あるべき所に、あるべき物が、あるべき状態にあること)。
5S(整理、整頓、清潔、清掃、しつけ)を心がける(斉藤一人の秘訣)
人生は決して砂糖の様に甘く容易なものではなく、辛く厳しいものと考える。