障害について

の前ネガティブアプローチという方法を書きましたが、

日本人は悲観主義的なので、ネガティブに対しては躊躇し

ます。アメリカ人は根っからポジティブです。

障害者運動の世界的聖地アメリカ、カリフォルニアのバーク

レーで開かれた障害者の為の国際会議名は「Crip Tech」

「crip」は、不具者、びっこ、をわざと使っています。

ネガティブを積極的にポジティブにとらえるという発想で

す。ネガティブをポジティブにとらえなおすのではなく、

初めからネガティブには考えないという考え方です。

傷害の害をなくせば、良いということです。

日本では考えられない、町全体が障害者を受け入れると

いう生き生きとした雰囲気の町です。