仕事、出世、独立、経営、事業運、倒産予告、倒産事例

「仕事運(事業運下記)」

どういう職種、職業に向くかは、

性格、安定度、出世運、技術運、

独立運(下記)等と加味して、判断します。

転職の多い人、根性とは、別の運気が働いています。

仕事が、長続きしないのは、本人の我慢度の問題だけでなく職業安定運が

関係しています。対処法があります。

 

「出世運」

「出世できるかどうか」

、わかります。、

「才能があっても、努力しても、運がなければ成功しない」

(コーネル大学ロバートHフランク)

出世しても!

部下運がないと、部下がついて来ません。

自分に向いてる仕事は?

資格の勉強をする前に

資格の勉強をするが、うまくいかないという場合も相談を!

学生は、必須条件!

仕事が止めたくなった、部下や上司と合わないなど、在、如何に、

世間から脚光を浴びていても、運命には、逆らえません。

会社との相性、上司との相性も観れます。

 

昔、マスコミ系の算命学の講座で、職業安定運のない人に対し

「仕事は我慢しなければだめですよ!」と、老講師が言いましたが、

占い師の言う事ではありません。  

この講師に10年間、習った人が、

私のところで勉強しています。

仕事が止めたい時、すぐわかります

部下や上司。会社と、合わないことも、

人間関係も。

 

➺「独立運」(独立の考え方) 

独立運、財運、客運、時期などで判断します。

独立運のない人が、

⇒無理しても散財するのみです。

独立したい願望だけで独立しても、危ない橋を渡るだけです。

創業セミナーに通う前に知ると後悔しません

独立をあおる「創業セミナー」に注意!

(会計士、税理士、診断士のいう事は、形式論です)

まずは、独立運を確認する事です、  

反対しても、いう事を聞かない人先は見えています。

独立時期が100%悪い時に操業して、倒産、家族を犠牲にして苦労する人がいます。

 

注意天中殺とか大殺界、方位などで判断すると間違います。

 

「法人(設立、改組、開店の時期命名、判定)」

5万円~。経営アドバイス付き

※とても重要です。

 

経営アドバイスの詳細項目

 

「事業運」「倒産予告」

~5万円)

設立時期、店名、社名、倒産原因、事業運が観れます、時期、社名が悪いと倒産します。

飛ぶ鳥を落とす勢いの経営者が、謙虚さを失い、自己利益を中心に考えるように

なるとおしまいです。

事例:私の指導した会社2社

コンサルタントや占い師を使い捨てにするような経営者もおなじです。

数々の事例を分析するとわかります。

税理士からの相談もあります。

経営状況について、

銀行も税理士も知らないことが何故わかるかといわれたことがあります。

  

私は経営コンサルタント暦20年

占いと双方向から判断します。             

倒産予告が出来ます。

 

倒産事例①

私が使っていた施設が、急に閉鎖になりました。

2~3ヶ月前、使う前に経営者に「危ないよ!」と、予告していました。

現実に際して初めて私の言葉の重みが理解できたようです。

事前に占い師に相談したそうですが、

(頼りなさそうな感じだったという)

経営が観れない占い師では無理です

(ほとんどは、観れません)

開設の時期を鑑定してみると、まったく、壊滅的な状態、

1日も早く開店休業にすべきでした。

 

倒産事例②

旅行会社の大型倒産です。
会社設立時に「散財運」旅行会社の大型倒産です。
会社設立時に「散財運」は明確に出ています
2社に共通するのは社長の「自信過剰!」
会社名の「ひらがな」は、簡単そうで、

古典の字画数をそのまま適用すると間違います。

確証を得るための確認作業がこういう場面で生きてきます。

鑑定も、通常のやり方では、明確に出てきませんが。
私の方法なら明確に出てきます。

旅行代金を払う時も、バスツアーに出る時も会社を
鑑定する必要があります。

社長の名前と正確な!会社の字画を見て派手な宣伝を繰り返していれば、

末期の兆候が、わかります。

県や市は創業を勧める施策を進めていますが、「倒産学」については、

まったく!未知、無関心です。
間違っても占いなど採用しないでしょう。

て る み く ら ぶ 

 1998年12月4日設立 

社長:山田千賀子:31歳で社長に(42年生まれ?)
 2005年にも「株:自由自在」を設立
 2017年3月27日 破産申請 負債151億