ご注意:占者占法を間違うと、人生の選択を誤ります。

失敗しない占いの選び方

 

未知のものには、夢や、ロマン、神秘性を感じますが、

こういう世界に甘んじていては、人生を誤ります。

 

最近、必要な情報は「そこにあるはず」という感覚が

 

日常的になってきていますが、

 

にせ情報もタンマリと。

 

最もひきつける情報は、自らの主張に沿うもの

 

HPで、ページビューと収入を最大化するには、 

 

[感情的な反応の共有化]促すこと

 

そして、”事実は後回し”

 

自分が社会から断絶されていると思う人ほど

迷信、偽情報を信じやすい。

 

占いも、より明確に検証したものを求めるべきです。

詳しくは、70以上のサブメニューから選択してください。

 

占いに対する迷信」は、

 

▶うわさに頼る

列を信じる。

こういう人は、決断力がなくて、より良い人生は、望めません。

  

「待たされる、人気がある占いは、

 当たる、という錯覚!をする(心理学)

 

▶間違ったマスコミ情報を信じる。

▶古典を信じる。

単一の占法に頼る

▶権威性(中国何千年など)を信じる。

▶神秘性(数秘、マヤ、霊感など)を信じる。

オーバーな宣伝に釣られる

 

大事な自分の人生を不適当なものに

ゆだねますか?

 

噂や、行列の「見識のない大衆的判断

に任しますか?

 

占法(占いの種類)の問題だけでなく、

占者の力(人に対する真摯な使命感、見識、経験)

日々研鑚を積んでいる占者が、大事と思いませんか?

 

行列のできる占い師、人気のある占い師は

勉強をしません。する時間もありません。

技術的に優れているわけでは、ありません。

先代は良かったとか、

その占いの中では、ましという程度です。

 

占いならどれでも同じ」という考えの人には、

良い人生は、訪れません。

判断をしていないからです。

 

占いにしても、カウンセリングにしても、

コーチング(資格だけでは×)にしても、

施術にしても、サービスも、セールスも、

相手を本当に良い方向に導こうとと思えば

長年の人に対する

 ⇒「高度な専門的知識、技量、経験

求められます。

さらに「日々研鑚」を続けている者。

 

「日々喧伝」している者では、ありません!

 

占いの技術だけでは、力量とは、言えません。

 

▶若い美人?占い師、

職業経験の浅い者に人生を託しますか?

(例えば、水商売のみとか、路上の占い師)

占いの世界だけで生きてきた年寄り

この人たちは、人生に未熟です。

 

人生は、「誰から学ぶか!」によって決まると、

言っても過言では、ありません。


人生を変えようとするとき、どれだけ、

パワーパーソン(力量のある人)と、

かかわりを持てるかが非常に重要な条件になる。

(「自分を愛する技術」)

各占法の比較表下時間があれば、改良版に変更します。

 

「こんな占い師と、こんな場所に注意」