結婚、離婚の場合、如何に鑑定領域が多岐になるか?

男女間のトラブルの場合は、目の前の一人しか観れない方法で

とやかく言っても何の解決には、なりません。

 

まず本人(例えば女性)
離婚相手(例えば夫)
離婚に至るケースを含めて相性と、
(まず対象は、一人のみでは無理、普通の鑑定では、相性のみ)
離婚に至る原因を探るために、  手相 広島
出会い(時期)、恋愛か、見合いか、結婚時期

(できれば年、月、日
性格、性癖、その原因を特定、病気など健康状態(本人も含めて)。
生命運はキー。

 

関連として不倫相手を見る場合は、良くあります。


本人の病気が絡むと、むつかしくなります。

両者の親子関係(可能なら祖母または祖父まで)を観て、

成育歴を観ます。
(心理学がわからないと関係性が解りません)。
ここまで観れば、相性以外の真の問題の原因を特定できます。
ここまで観ないと再婚するしないにかかわらず、
何が、その人の人生に作用してるかを特定できません。

 

そして子供の年齢、性格、父親(例)との相性、反抗期の対処法、学費など
経済的な負担により、今後の対処の仕方に影響します。
新しい相手との相性、子供を産むかどうか?の判断。

 

別に彼(彼女)がいる場合も珍しくありません。

相手が独立してる場合、経営力も観ます。

離婚した場合、離婚する場合も含めて、新しい住居、移転先の吉凶。
(番地や階数、部屋番号が観れないと、

※方位のみは、なんの意味ありません
経済面を確認するために仕事運、適種の確認。
経済力がないと、離婚したくともできません。
離婚すれば、まず経済力です。

立ち直りのための趣味などストレス解消法、今後の生き方。
今後、元気と、希望が必要です。

再婚のために化粧法や服装のアドバイス、

恋愛テクニック、恋愛運も観ます。


(結婚に関係なく、魂が喜ぶには、ソールナビゲーション)
以上のような多岐にわたる問題に対処することで、
「観てもらってよかった」という
希望の持てる決断と、生きる希望が必要です。

 

不確かな、相性のみの、普通の占いでは、対処できません。
鑑定に時間がかかったり、手相など、一人しか観れない占法では、

対処できません。

 

結婚に限らず、人の問題に関する90%は、

「親子関係」が起因です。

本人しか観れない占いは役に立ちません。