数秘術では絶対観れない事の数々

数秘では絶対に観れない事①

数秘術では当然(絶対)観れない事例を上げました。

実際は無数にあります。

 

私の⇒「鑑定内容」は数秘では、すべて観れません。

事例:皇室の眞子さんと、小室圭さん、

1991年10月23日生まれ(眞子妃)

1991年10月 5日生まれ(小室氏)

数秘術の計算では誕生数は同じ結果です。

しかし、「悪い数」という事は、数秘では、わかりません。

例えば、年、数霊術では(浅野氏は数秘と混同しています。

二人とも2ですが、同じ2でも家族運が非常に悪いという事は、数秘でも数霊術でも

わかりません。

 

賢明な人なら出てきた一つの数を見ただけでも少しは、わかりますが、数秘では、

教えません。

圭さんは、何故母親の問題がとりついているか数秘では、わかりません。

これが、数秘の「致命的限界」です。

婚約が流れたのは運命です、これが観れなければ、意味はありません。

そして、結婚!数秘では結婚運も観れません。

  

眞子妃の婚約は流れて今回2度目、前回も、よくなかったですが、

今回は、もっと厳しい、

2~3日ずれていれば、まだ、マシですが、

わざわざ、この日を選ぶというのは、「知らぬが仏」

---------------------------------------------------------------

事例:高円寺典子さんの「別居問題」

 

縁結びの神様に嫁いだ高円寺典子さんの「別居問題」もあります。

婚約段階で予測可能でした。

 

⇒数秘では絶対観れない事②

よりにもよって最悪の選択

縁結びの神様が選んだ相性のない選択