(風水)地相、家相、家つくりの専用ページの紹介

巷で流布されている風水は誤解されている。

風水を知らないテレビ局

社長が業績を上げるために本社に噴水を作った。

最下段に解説。

家つくりの専門HP 画僧

クリックで、直行します。


日本では、風水が正しく理解されていません。

「風水と家相の歴史」)。

韓国で流行したので、それに影響されただけです。

 

風水に地理の別名があります。

地理による吉凶を占う「地相」が渾然となったものでした。

 

風水とは、元来地相のことです誤って理解されています

 

「風水インテリア」などと言うものは、発明品です。

 

本来の家相とは、異なります。

中国で生まれた風水は、土地の相(家または墓)を判断する事を

目的としています。

 

風水といえば、本場中国が本物といいますが、

特に中国では、「墓地を選ぶ」ことに使います。

 

また、日本独自で発展したものもあります。

 

鬼門は、中国の歴史上のいわれで、日本では関係ありません。

という説と、日本独自のものだという両方の説があります。

(古典、伝統が売りの人は、やかましく言いますが)

 

鬼門とは、字のごとく門の事です。東西、南西に門を作ることは、

普通ありません。

   

元来、個人を占うものではありません

占い師入門」)。

 

大都会で、派手なセミナーをしてるところがあります。

何が本当かわからないで、風潮に惑わされないように、

占者が学歴があることには何の関係もありません。

ビジネスの為に邪道に走っているだけです。

 

風水といえば沖縄の女性風水師がいます、彼女の本の

中身は九星です。

本人は2度離婚しています。

 

藤原紀香に結婚を勧め見事に失敗しています

紀香本人は、これに懲りず、ラッキーカラーが黄色だと

言われて信じ、黄色の着物でデイトしています。

何故、黄色か?の根拠を考えれば、滑稽です。

 

風水師本人の家はアンバランスな欠けのある

家に住んでいます。

玄関先に動物の人形を沢山置いています。

よいわけありません。

 

「魔法の赤風水」という女姓が飛びつく本が良く

売れているようですが、

彼女はラストエンペラーの血筋が売り物、西が家族と

言っていますが、

これはまちがいです。

血筋と鑑定能力は何の関係もありません。

 

香港、韓国で流行してからは、自称、風水師が増え、

ある家相家も風水師に変えました。

米国の大学卒業の資格を20万で買ったという人物です。

 

業界通に聞くと、どの部屋に何が良いというのは、単なるアィデアだ

ということです。

家相は、個人ごとの誕生日により、そのポイントが異なります。

  

近年、風水という名称で行なわれている占いの多くは、

風水そのものではなく、「家相や九星気学などのアレンジ」

に過ぎません。

風水コーディネーター??本物かどうか見極めてください。

わずか1時間半そこらで、方位や水晶などで幸運になる方法があるなら、

人生に苦労はありません。

   

最近、ある建築業者が、高い料金で「風水の講座」をしていると

言う情報を聞きました。

神がかりを売りにしています。要、注意です。

詳しくは⇒専用サイトへ

 

風水や家相が見れれば、購入者にとって、良い家や、

よい土地がわかると思うのは素人考えです。

購入者本人を詳細に見れる占いでないと、役に立ちません。

四柱推命、算命学、六星占術など、役に立ちませんが、素人の方は

首をかしげるだけです。(思い込みが間違っています)

 

■⇒Aさんの怖い占い体験

 

「失敗しない占いの選び方」

「下記の専用サイト」で

よく勉強されることをお勧めします。

 

家相、風水および

「家の建て方の技術的な解説」

について非常に詳しく書いています。

 

※家の専用WEBサイト

[施主が薦める家創り]

こちらを参考にしてください。

 

家を移転する際、方位のみ選べばよいと考えている人がいますが、

大間違いです。

方位学の誤謬

風水とうたいながら中身は、九星、いまだに売っています。

他にも、九星と風水を同一視している占い師がいます。

風水を知らないテレビ局

フジテレビの社屋の前に「テレビの泉」という噴水が、今春、

社長の指示で設置されました。(週刊ダイヤモンド)

気の流れを良くする風水で業績向上の為のようです。

「気の流れはコントロールできません!」

部下運のない会長が、2年前に「出世運がめちゃくちゃ悪い!」

時期に「会社と相性のない」プロデューサーの亀山千広氏を5人

抜きで社長に任命、視聴率も株価も低迷中!

風水は、誰を何時任命するか(数風水)で観ないとダメです。

 

有名プロデューサーがこのレベルですからテレビの占い番組は、

まったく当てになりません。